EduTalk

教育に関するテクノロジーやスタートアップ、考えたことについて発信中。

海外ノマドをしたい方に台湾・台中は現状あまりオススメ出来ない理由

f:id:atsuhio:20160528204006p:plain

台湾・台中市で2ヶ月間ノマドをしていました

僕は普段セブに滞在しているのですが、ちょっとしたきっかけがあって昨年9月10月の2ヶ月間を台中でノマドをしていました。
台中がどこにあるかというと、名前の通り台湾の中で真ん中あたりに位置してます。北の台北、南の高雄に次ぐ台北第三の都市です。

なぜこの台中でノマドすることを僕が選んだかというと、

1. 台北は短期滞在するには生活費が割高
2. 高雄は暑そう
3. 台中は台湾人自身が台湾の中で一番住みたい都市として選んでいる
(最近もCNNでも台中が台湾で一番住みやすい理由という記事が書かれたようです。下記リンク)

edition.cnn.com

という3つの理由があったからです。

実際に住みやすい台中市

実際、台中に行ってみたのですがかなり住みやすい場所だなぁというのが感想です。

個人的に思う台中が住みやすい理由は、

1. 人口がそんなに多くないため、道が混んでいない。
2. しかし、ある程度発展していて美味しいレストランもおしゃれなカフェも大量にある。
3. 家賃が台北と比較すれば大幅に安い。(短期滞在なら半額)
4. 大きな公園が多く緑が多い。

といったものが挙げられます。

また小さな都市ではありますが、地域の住民向けのイベントも毎週のように開催しており僕が滞在してる時は
世界でも最大規模のジャズのフェスティバルが開催されていてかなり楽しめました。

台湾のウユニ塩湖と呼ばれている高美湿地があったり、日月潭も近かったりと観光名所があるのも魅力です。

また行く前に台湾のコワーキングスペースについても調べたのですが、台中市にはコワーキングスペースが2つあり
ノマド向け環境が整ってそうな印象がありました。

10 great co-working spaces in Taiwan

それでも台中市ノマド向けではない理由

それでも個人的に台中がノマドをしたい人にはあまりオススメ出来ないな、と思う理由は1つです。

1. 海外からのノマドワーカーがほぼいない。

上述の通り、台中市にはコワーキングスペースが2つあり僕は2つとも見に行ったのですが1つ目のコワーキングスペースも2つ目のコワーキングスペースも外国人はゼロでした。尚且つどちらのコワーキングスペースも普段からそこにいるノマドな人達が4,5人しかいない。という状態です。

つまり話されている言語は中国語のみかつその4,5人で小さなコミュニティが出来てしまっている状態でした。もちろん英語を話せる人はいるのでその人とは話すのですが、他の人は英語がぜんぜん話せなかったりします。

まあそんな中でも台湾人の友達を作ったりはもちろん出来るのですが、基本的にビジネス的な話をするとかそんなのはゼロなので他の人がやっているスタートアップの話やビジネスの話を聞いて刺激を受けるとかは全くないのです。

Meetup.comのイベントに参加したりもしましたが、台中市にいる外国人は英語の先生ばかりで上記と同様刺激的な話は全然ない状態でした。

よく言われるように、台湾では日本人はモテるし、日本への好感度が高いのですぐ仲良くなれたりはするので、それだけでも満足
という方はいいのですが海外ノマドの人達が求めているものとはちょっと違うのかなというのが最終印象でした。

語学留学をしたり、別に特にビジネス面の刺激は求めてないって方にはとても良い場所だと思うのでそうした方にはオススメしたいと思います。

ビジネス的刺激を受けたいノマドなら台北がオススメ?

逆に台北には2日ほどしか滞在しませんでしたがBufferのグロースハッカーをしている人と出会って話をして大きな刺激を受けられたので次行くならやはり台北かなと考えてます。
(台北はほとんどの賃貸で最低でも6ヶ月からじゃないと借りられず、それより短期のところはものすごい割高なのが問題ですが。。)

台湾で海外ノマドしたいという方の参考になれば幸いです。

【宣伝】
オンライン英会話のリンガルボックスは僕が企画、開発、運営まで全て行っているWebサービスです。英語を身につけたい方、ノマドしながらどんなサービスを運営しているか気になる方は是非ご覧になってください。

ja.lingualbox.com