読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EduTalk

教育に関するテクノロジーやスタートアップ、考えたことについて発信中。

業界の中の人が考える、オンライン英会話で主流の毎日1回プランの問題点

英語学習 英語教育 ビジネス 考察 オンライン英会話

f:id:atsuhio:20160602211752p:plain

業界で主流の毎日1回プランの何が問題か書きます

※筆者自身オンライン英会話スクールを運営しています。その視点からの記事となります。

オンライン英会話を使ったことがある方ならご存知かと思いますが、オンライン英会話業界の現在の大手企業のほとんどは下記のような仕組みを取っています。

1. 毎日1回、2回など1日当たりのレッスン回数の異なるプランを提供
2. レッスン予約回数を制限(レッスンを1件予約すると、そのレッスンが終わるまで次のレッスン予約が出来ないなど)

回数制のチケットを購入してレッスンを受けると25分のレッスンで250円〜500円程度がかかりますが、この仕組を利用しているスクールなら1回あたり180円-250円程度程度と毎日レッスンを受講出来る方にとって半額ほどの値段で受けることも出来てしまいます。とてもお得な感じですよね。

でも実際のところ、毎日レッスンを受けるような人は少数派で平均すると月10回程度しかレッスンは受講されてません。
だからこそオンライン英会話スクールは毎日1回、2回のプランを格安で提供できています。

これの何が問題なのでしょうか?

フィリピン人英会話講師の給与について

業界にいない人にとって、フィリピン人英会話講師がどの程度の給与を得ているかというのは結構謎に包まれているのではないでしょうか?中にはフィリピンの平均一人あたりGDPは3000ドル程度なので、日本の1/10ぐらいの給与水準だと思われる方もいるようです。

ただ、フィリピンは日本とは異なり貧富の差が激しいので高学歴者であれば日本人と同じかそれ以上の給与の人も珍しくありません。オンライン英会話講師は大卒以上か大学在籍中の人を採用しているのが普通ですのでそうすると、安いスクールで学生講師の時給が300円程度、ビジネス英会話だと1000円近い給与を払っていたりします。フィリピンはBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)で世界シェア1位で、アメリカ資本のコールセンターが結構高い給与を払っているので、それに併せてオンライン英会話の講師の給与も年々上昇傾向にあります。

それを踏まえて毎日1回レッスンを受けるとどうなるかというと、仮に消費税を除いた支払額が5800円とすると、大体給与と支払額がほぼ同じ(粗利0)となります。

サービスの質が高まると利益が減ってしまう収益構造

実際のところこれがどういう数値になっているかというと、例えば上場しているレアジョブだと売上が27億円に対して、講師の原価が8.6億円程度というデータを出していて、これを踏まえると、一人の生徒が受けるレッスン数は大体30回の内の1/3だろうということになります。月10回程度ですね。

最終的にレアジョブの場合だと海外投資などをしなければ営業利益率が売上の10%ぐらいになるようです。先生の管理費やサポートにも結構お金がかかるからですね。

ここから本題に入ると、現状オンライン英会話業界の問題はレッスンの質を上げたり、生徒がもっとレッスンを受けたくなるような仕組み作りを作りづらいという点です。

なぜかというと、そういう仕組みを作って今月に10回だけレッスンを受けている生徒が11回受けるようになったりすると、レッスン原価だけでも利益の1/3が消えてしまうからですね。管理コストも同様に上がることを考えたらもしかしたら利益の2/3が無くなるかもしれません。そして30回の内の1回というのは今より少しでもサービスの質を良くすると上がってしまうんじゃないかと思います。

例えば、現状のオンライン英会話スクールでスマートフォンで簡単にレッスンを受けられるような仕組みを持っているところや、スマフォアプリからレッスンを予約出来るようにしているところはほとんどありません。なぜかというと、スマフォアプリで簡単に予約出来たりすると生徒一人当たりのレッスン回数が増えるからですね。アプリ開発と維持にもコストがかかります。

予約の仕組みも何年間もアップデートされない会社がほとんどです。今より予約しやすくして、予約回数が増えると利益が減るからです。

一人当たりのレッスン予約数が制限されているのも同様です。そうすることで人気の先生の数日先のレッスンを予約してくれれば、そのレッスンまでの間の日にはレッスンが入らずレッスン回数を低く抑えられるからですね。(実際人気の先生は3日先でないと予約出来なかったりするのは普通のことです。)

このように、毎日1回プランのような一見安く見えるプランを提供することによって、オンライン英会話スクールはサービスを改善するためのモチベーションが低くなる、という結果が発生しています。

生徒側にとってもデメリットが大きい

また、予約回数を制限するというのは、英会話を勉強している方からするとモチベーションを削いでしまう仕組みなのではないでしょうか?実際リンガルボックスに届くお問合せでも「予約制限は何回でしょうか」という質問がよくあります。

もちろん企業なので、より多くの利益を上げるための仕組みを作るのは当然のことです。ただ、個人的に思うのは利用者側にとってより良いサービスを作らないことによって利益を上げるというのはあまり業界として健全ではないなということです。

実を言うと、リンガルボックスも運営開始当初は右に倣えで毎日1回プランや毎日2回プランを提供していました。

ただ、運営していく中で上記のようなことを思って現在のチケット制に料金体系を移行した経緯があります。チケットを使いきっても利益が出るような料金にすることで、サービスの改善により力を注げるからです。

と言いつつ、現状リンガルボックスのサービスがこうした毎日1回のプランを提供している会社に比べて勝っているかというとそうでないのが辛いところですが、現状開発を進めているいくつかの新機能が公開されると教材の充実さの面以外では、リンガルボックスの方が良くなるのではと考えているので今後にご期待下さい笑

まとめ

割とネガティブなことを書きましたが、毎日1回レッスン受けられ、サービス内容に関わらずモチベーションも続くという方であればより安いところを選ぶというのが良い選択肢な気がします。毎日1回受けるの厳しいなという方は、そうしたスクールよりも予約制限がない回数制のところを選んだ方がお得な場合もあるので、それも踏まえて検討しましょう。

僕が企画、開発、運営を行っているリンガルボックスも検討のテーブルに上げて頂けると嬉しいです。(リンガルボックスは、チケット制で、予約制限なしという形態を取っています。また発音評価機能があるスクールはリンガルボックスだけです。)

ja.lingualbox.com