読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EduTalk

教育に関するテクノロジーやスタートアップ、考えたことについて発信中。

「日常英会話ならなんとか・・・」のレベルから先に進む

僕が英語について人と話してよく言われることの一つに、「日常英会話ならなんとか出来るんだけど。。」という言葉があります。

英語を学習している方の中でも、海外旅行で自分の意志を伝えることは出来るんだけどそれ以上のことはそこまで自信がないという方は多いと思います。

そこで今回は、「日常英会話ならなんとか。」から抜け出す方法について書いていきます。

「日常英会話ならなんとか・・・」のレベルの方の3パターン

「日常英会話ならなんとか・・・」という方には、実際には下記の3つのパターンがあると思っています。

パターン1: とても謙虚

このパターンの方はとても謙虚なので、自分の英語力を実際より低く見積もってるだけだったりします。自信を持って話しましょう。

パターン2: 英語力自体は高いけど、英会話の練習が足りてないだけ

このパターンの方は、大学受験の時にしっかりと英語を勉強した方が多いと思います。文法の知識もしっかりとしているし、語彙力も結構あるのだけど英会話になれてないので中々すらすらと言葉が出てこない。このパターンの方は、実際の会話経験を積んで慣れるとそれほど時間がかからず(3-6ヶ月程度が目安)に話せるようになります。リンガルボックスのようなオンライン英会話を活用するのがオススメです。

パターン3: 英会話自体には慣れているのだけど、そもそもの英語力が低い

一番、危険で数も多いのがこのパターンです。このパターンの方は英会話自体は英会話スクールやオンライン英会話で慣れているのですが、リーディングや文法の勉強にあてている時間が少ないため、それ以上伸びなくなります。周りでも、英会話スクールに長年通ってるけどそこまで英語は出来ないという方はいないでしょうか。そうした方はこのパターンに当てはまります。

パターン3の方のための勉強法

パターン3の方の場合は、英会話以外のところに費やす時間を増やすのが大切です。

英会話は確かに楽しいのですがリーディングなどの勉強に比べてアウトプットに偏りがちになります。また毎日25分間のオンライン英会話スクールを使うにしても、25分間の勉強時間だけではなかなかレベルが上がりません。通学制の英会話スクールも同じです。

語彙、英文法、リーディングの3つそれぞれについて、毎日少しずつ時間をとって勉強していくことを心がけましょう。

Streaksのような習慣化支援アプリを利用するのもオススメです。

基本的な英語力を伸ばすことで、英会話力自体も伸びていって「日常英会話ならなんとか・・・」というレベルから先に進むことが出来るはずです。