EduTalk

教育に関するテクノロジーやスタートアップ、考えたことについて発信中。

どうやってJavascriptをちゃんと学ぶのか(翻訳記事)

本日は、

How to Learn JavaScript Properly

という記事について紹介します。

 

この記事では、Javascript全体、jQueryHTML5の一部を5〜6週間で学び、それなりにコードが書けるようになるための方法が紹介されています。

 

筆者によると、この方法がうまくいくことは彼の娘(13歳)が実証済みとのことです。

 

以下、実際の手順の部分の翻訳です。(一部説明が長くあまり重要でないところは省いてます。)

リソース

上の2冊の本に関しては、デジタル版の方がコードやリンクにすぐアクセス出来るので望ましい。

 

1〜2週目:

1. CSSやHTMLについての知識があまりない場合はCodecademyのWeb Fundamentalsのチャプター7、8以外のパートを終わらせる。7,8については下記に記載のあるProfessional Javascript1-3章を読み終えてからやること。

2.Professional Javascriptを手に入れること。名前でこの本が上級者向けと勘違いしやすいが、初心者にも上級者にも向いている本である。

3. 上記Professional Javascriptの1-3章を読む。

4.CodecademyのJavascript Fundamentalsのセクション1〜4までを終わらせる。

5. Professional Javascriptの4-5章を読む。Javascript 第6版の6章を読む。

6. CodecademyのJavascript Fundamentalsのセクション5-8を終わらせる。今はまだセクション9には手を付けない事。

3〜4週目:

1. Professional Javascriptの6章を読む。

2. Codecademyのセクション9-10を終わらせる。11はまだ難しいので手を付けないでおく。

3. Professional Javascriptの7章を読む。

4. Professional Javascriptの8-18章、20章を読む。

5. Codecademyの最後の2セクション、セクション11、12を終わらせる。

6.CodecademyのChoose Your Own Adventure! のパートを全て終わらせる。

7.Javascript 第6版の15-19章を読む。ここでよく理解出来ないパートがあったら理解出来るまで繰り返す読む事。特に19章。

5〜6週目:

1. CodecademyのjQueryコースを全て終わらせる。

2. Professional Javascriptの19章、21-25章を読む。

3. 自分で実際にウェブサイトやウェブアプリを構築する。自分のプロジェクトを決め、詰まったときはこれまで利用した2冊の本を参照すること。分からない事をGoogleですぐに検索せずに、本をまず調べること。Googleで調べるのは自分がわかない事の答えがどちらの本にも無かった場合だけにする。

4. Javascript第6版の20章-22章を通して読んでJavascriptの学習を完了する。

5. あなたは今では、Javascriptプログラミングに関して驚くほど大量の知識を持っている。モダンなウェブアプリを作ったり、スタートアップを立ち上げたり、10万ドル近い給与の仕事を見つけるなりしよう。

 

この記事では、次の段階として、Learn Backbone.js Completelyの記事を実践することなども挙げられています。

 

かくいう僕も、JavascriptはこれまでTwitter BootstrapのライブラリやGem(僕の運営するオンライン英会話スクール「リンガルボックス」ではRuby on Railsを使っています。)を少し変えるくらいにしか使ってなかったのですが、本格的にBackbone.jsで開発に導入するため、この記事に従って勉強をしています。

 

6週間実際に続けた結果については、また6週間後に改めて書こうと思います。

 

[参考]How to Learn JavaScript Properly